ツワノシゴト模様 島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

林業に適してない町での林業?津和野で行われている「自伐型林業」とは

 インタビューの日程を調整している時に「よかったら山へ作業現場を見にきますか?」というお誘いを受け、山の中から始まった今回の取材。実際に作業現場に行ってみると、木を切っている様子はなく、何やらショベルカーで土を掘り返したり、埋めたりしている。

 何をしているか聞いてみると、作業道となる道を、自分たち2人で整備しているという。木を切るだけが林業じゃないの!?という驚きが隠せませんでしたが、これも自伐型林業の特徴の一つとのこと。

 そんな、一般的にイメージする林業とは少し違った「自伐型林業」について、林業で津和野町にIターンし、協力隊卒業後に二人でLLP YAMABIto(有限責任事業組合やまびと)を立ち上げ独立した原田秀明(はらだひであき)さん、尾沼龍道(おぬま たつみち)さんにお話しを伺ってきました。

 

ー木を切るだけが林業ではない、ということに驚きました。お二人がやられている「自伐型林業」とは、どのようなものなのでしょうか

原田:もともと「自伐林業」という自分の山を自分で手入れするスタイルの林業があります。ただ、僕たちは自分たちで山を持っていないので、同じようなやり方で、他人の山をやる、というものです。山主さんとの関係性を作り、その方の山の手入れをさせてもらう仕事になります。目指しているものとしては山守(所有者に代わって森林の管理,保護をする人)に近いですね。

尾沼:そこを目指すわけですけど、山主さんに対していきなり「任せろ」と言っても「任せた」とはならないので、山守としての気持ちで作業して、結果的に山守として認識してもらう、というのが自然な流れなんだと思います。

原田:1年間だけ仕事を請けるなどであれば、お金になる”いい木”を切っておしまいです。そのあと山がどうなるかは関係ない。そういう「お金のための仕事」ではなく「山の手入れ」という感覚で仕事をしていきたいと思いました。それができるのが、自伐型林業だと考えています。

ー山主さんとの長い付き合いを目指した仕事だからこそ、木を切るだけではなく、ずっと作業が続けられるような山にするための作業を行う、ということでしょうか。

尾沼:そうですね。自伐型林業っていうのは一回の作業で採算を取ろうとしない、ある種の投資でもあります。道の整備なんかは、今年だけの作業であればやらなくてもいいんです。今日は道の崖側の土を補強していましたが、もう少し山側の道を開いて、契約期間で木を切るだけ切り、あとは道崩れても関係ない、っていうのであればもう少し採算があいます。

でも僕たちは、その道を何回もそして何年後も使うという想定でいるので、今お金かかってもその作業をやっています。そういうことがあるから、山主さんとの関係性を拗らせないようにすることも、仕事をする上で大切なことの一つです。

原田:せっかくきれいにして木材として優秀な木がたくさんある「いい山」にしたのに、いざ間伐でお金になるときに「山から出て行け」なんて言われたらたままったもんじゃないですからね。

ー以前別の機会に原田さんとお話した際、「津和野は林業にはあまり適していない」と言われていたのが衝撃的でした。そのことについてお伺いしてもよろしいでしょうか。

原田:人工林で自分達が目指す林業をやるには厳しい気がしています。

尾沼:「自伐型林業をやる」という点では研修制度等が整っていますけどね。

津和野の林業は雑木の素材生産をしてきました。もともとは製炭の文化のある町でしたが、今は廃れてきている。今の日本の主流は、造林など人の手を加えて木材となる木を確保する人工林林業。しかし津和野町は他の地域に比べて造林をしてこなかったので、日本の主流的な林業としては遅れています。そういう意味では適切ではないと言えます。

原田:高知県佐川町や鳥取県智頭町では協力隊を卒業しても町有林を使わせてもらえます。一方津和野町は、自分たちで山主さんと話して仕事を請け負うスタイルです。

尾沼:津和野は研修制度はしっかりしているのでこれからはそのあとのフィールドも準備してくれるようになると嬉しいですね。

ー適していない、という場所で林業を続けようと思ったのはなぜでしょうか。

原田:住んでいる左鐙地区が好きになった、というのが一番大きいです。たしかに協力隊3年間で技術を身につけて、他の林業適地にいって他の地域で探したほうが楽かも、という可能性はあります。ただ、Iターンで津和野にきてから4年目、その間に自治会や消防団などを始め様々なコミュニティに所属することで地域の関わりができました。関わる中で「うちの山の整備お願いしたい」という声があがってきたので、せっかく来たし、好きな場所でやっていける可能性も見えたので、ここでやり続けようと思いました。

尾沼:僕はこの町に林業をしにきたので、失敗しない限りはここでやります。

 

ーこれからやってみたいこととしてはどんなことがありますか。

原田:仕事では、直近では薪と炭としいたけ原木の出荷と、しいたけの栽培。自伐型林業は、雨が降ってしまうと作業ができないことがあるので、副業として考えています。普段の作業の中で出た細い木は原木として売ったり自分で育てたりしたほうが効率がいいんですよね。ゆくゆくはわさびも手を出したいです。

尾沼:人工林が少ないというのはどうしようもないので、あるものだけでどうやって稼げるか、と考えて手を広げていかないといずれ手詰まりになっていきますからね。今挙げたものは、加工がそこまで大きくなく手間もかからないので、それくらいであればスタートできますね。

原田:他にも、左鐙地区にある旧小学校の跡地で、人が集まる様なイベントを開催することができたら楽しそうだなあと思ってます。僕としては、最終的には楽しく飲める仲間がいっぱい増えればいいなというかんじだけど(笑)。こんな田舎でも楽しめる場所があるといいなって。今はまだ旧津和野の人が日原の方に来ることは少ないけど、いずれは日原側にもいっぱい人が集まるような場所を作っていきたい。そうやって町を面白くしていきたいです。

ーーーーーーーーーー

ただ木を切り売るだけではなく、長い時間をかけて山を作っていく自伐型林業。幅広い技術を必要としたり、技術だけでなく人とのつながりから生まれ、人のつながりによって続けていくことができる仕事というところも魅力に感じました。普段二人で作業されているということで、いつでも見学おいで、と言っていただけたので、また現場に伺い魅力の深掘りをしてきたいと思います!

島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

Copyright© ツワノシゴト模様 , 2018 All Rights Reserved.