ツワノシゴト模様 島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

豊かな自然の下、地域住民と共に育つー『石見神楽』で子ども達の成長を見る【左鐙子ども神楽発表会:4月2日開催】

吉賀町に面している谷底の地区「左鐙(さぶみ)」。現在は300人ほどが暮らしており、そのうち65歳以上の高齢者の割合がおよそ半数を占め、津和野町内でも少子高齢化の進んでいる地域の一つである。そんな側面がある一方で、地域一丸となった教育が注目を集めている。

スクリーンショット 2017-03-16 20.52.28

左鐙にある「山のこども園 うしのしっぽ」は、高津川流域の豊かな自然をまるごと学び舎にした保育園だ。“ほんとうの生きる力を引き出す”をモットーとし、大人は極力関与せずに、田畑や動物の世話も子どもたち自身で行う。収穫祭や、味噌作りなど、うしのしっぽのイベントには多くの左鐙住民が訪れ、子ども達の成長を見守っている。

17158874_491812827609359_5853251766129444388_o

そんな左鐙の子どもたちの“ヒーロー”的存在。それが左鐙社中による、石見神楽だ。演者の豪快なアクションや、火花が吹き出る演出、舞台を盛り上げる笛や太鼓の演奏に、いつも子ども達は釘付け。明治時代から始まった左鐙の神楽は、子ども達のみで構成された「左鐙子ども神楽社中」もある。子どもたちに教えるのは、30年以上神楽を演じてきたベテランの指導者だ。野球でもサッカーでも無い「石見神楽」という伝統芸能に、小学校から高校生までのメンバーは魅せられ、毎週稽古に励んでいる。

12513940_794575283976443_7729275708517673976_o

そんな子ども達による神楽の発表会が、4月2日(日)に左鐙小学校体育館にて開催される。毎年1年の総決算として、開催される本公演。入場は無料で、人気演目の「大蛇」は子ども神楽出身の大人達が演じるという。左鐙地域の人々から引き継いだ子ども達の演技を、ぜひ鑑賞してみてはいかがだろうか。

【第21回 左鐙子ども神楽発表会】

16938708_1036645049769464_4476837624534962935_n (1)
日時:4月2日(日)13時~17時

場所:左鐙小学校体育館(島根県鹿足郡津和野町左鐙888)

入場料:無料

演目:神楽、塩祓、八幡、塵輪(大人)、天神、恵比須、大蛇(大人)

12716038_774482842652354_4817103823260486840_o

17103457_1036645146436121_5083041285492526529_n (1)

主催:左鐙子ども神楽社中

お問い合わせ:090-4800-5856(京村)

後援:津和野町教育委員会

 

左鐙小学校

 

島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

Copyright© ツワノシゴト模様 , 2017 All Rights Reserved.