ツワノシゴト模様 島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

第3編:「若いうちだからこそ、大きなチャレンジをしたかった」イタリアから帰ってきたバレエ講師「田中美礼」さんインタビュー【バレエ×マイスター】

 

バレエを津和野で普及させようと、たった一人で活動しているバレエ講師・田中美礼(たなか・みれい)さん。

全4編に渡り、自身を”バレエ馬鹿”と表するほどエネルギーを注いでいるバレエという切り口から、彼女の思いや今後の展望について伺う田中さんへのインタビュー第3編は、バレエ界の現状や彼女自身の憂き目について焦点を当てた。

海外のように、日本でもバレエが芸術として根付いて欲しいと思っていた田中さん。

そんな海外の方が、自身のキャリアを生かした仕事が多くあったにもかかわらず、彼女にとってはリスキーな道へ自ら足を踏み入れることとなる。

 

10150701_1128096253872356_5960832449208222496_n

第3編

 

バレエを歌舞伎や文楽のように

 

2016年5月に津和野に戻ってこられた田中さんは、現在までの約10ヶ月の生活をどのように振り返られるのだろうか。

 

「やっぱり自分は日本人だなぁという感じですね。海外に10年以上身を置いてきたのですが、結局現地の人からの自分の扱いは外国人でした。特に、イタリアではビザを持っていないと、どんなに仲の良い友達でも信用してくれません。日本に住んでいる今でも、たまにビザはどこにしまったかなと癖で確認する時があるんですよね。また、日本人は優しいとも感じますね。イタリアだとちょっとのことですぐにバカにされますし、役場に書類をもらいに行く時だって、ケンカ腰で行かないとなめられてしまいますから(笑)。今は、日本人として日本で暮らせているので、常に堂々としていられますね」

284926_585152008166786_63101802_n

イタリア・ピサの斜塔近く

 

長かったイタリア生活、どれだけ長く暮らしていても外国人扱いされることの憂き目は、相当なものだったのかもしれない。しかし、バレエの本場に身を置いていたからこそ、感じられたこともあったという。

 

「芸術に対する熱が、日本とは違いますね。イタリアなんかはずっと経済状態がよくないですが、それでも公金を投入して、劇場やカンパニーを運営しています。また、バレエが芸術の一つとして日常に馴染んでいるので、目の肥えた観客が多かったですしね。歌舞伎や文楽のように、日本でもバレエが芸術として広く愛されるようになってもらいたいですね」

 

若いうちだからこそ、大きなチャレンジをしたかった

 

公金を投じてまでも劇場やカンパニーが運営されている、イタリアを始めとする欧米各国。ただ、プロのバレエダンサーとして生きていくのは並大抵のことではないようだ。

 

「私は運良くバレエだけの収入で生活していけたのですが、海外でもバレエ一本で生きていけるのはトップで活躍しているダンサーぐらいで、多くのダンサーはバイトを掛け持ちして何とか生活していけてる状態です。日本だと尚更厳しいですね。ただ、イギリスで芸術監督として活躍された後、日本でカンパニーを作った熊川哲也さんという方がいるのですが、そのカンパニーの団員はバレエだけで生計を立てるぐらいにはなっていると伺いました。けど、そんな環境なんてごく一部で、年齢的な問題もありますし、プロとしてやっていくのは本当に大変なんです」

 

芸術として広く認知されている海外ですら、プロのバレエダンサーとして生活していくのは厳しいようだ。そんな中、田中さんは自身の夢のために、プロとして前途ある年齢にも関わらず、地元である津和野に戻って来た。

 

「先ほど申し上げたように、イタリアの方がバレエダンサーのキャリアを生かした仕事は断然ありましたし、友人から事務職員としての採用の誘いも受けていました。ただ、その仕事が雇われ仕事であまり乗り気がしなかったこともありますし、何より若いうちだからこそ、大きなチャレンジをしたかったんです」

 

DSC_0090

 

(文/前田健吾、写真/宮武優太郎)

最終編『”Bacca Lupo”を大切に、流れに身を任せていく』に続く。

 

全4編

第1編:いつかは地元に貢献したい

第2編:映画「スクール・オブ・ロック」のような毎日

第3編:若いうちだからこそ大きなチャレンジをしたかった

最終編:”Bacca Lupo”を大切に、流れに身を任せていく

 

BALLETTO BENESSERE

スクリーンショット 2017-02-28 10.14.21

同上バレエ・ピラティス教室のウェブサイトはコチラFacebookはコチラ

レッスン情報

キッズバレエ:

毎週月曜日の16〜17時@津和野町社会福祉協議会・津和野支所の軽運動場

毎週水曜日の18〜19時@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

毎週土曜日の9時30分〜10時30分@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

大人バレエ:

毎週水曜日の20時30分〜21時30分@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

ピラティス:

初心者コースー毎週水曜日の19時〜20時@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

初心者コースー毎週木曜日の19〜20時@津和野コミュニティーセンター1階和室

初心者コースー毎週土曜日の11時〜12時@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

普通コースー毎週木曜日の20〜21時@津和野コミュニティーセンター1階和室

(※益田で行われる教室の日程は月ごとに異なることがあります)

 

1149220_714508328564486_1999709870_o

田中美礼(たなか・みれい)

1990年 島根県津和野町生まれ
10歳でバレエをはじめ黒木隆江バレエスタジオ 黒木隆江に師事し
13歳の時に初出場した北九州バレエコンクールで入選
全国バレエコンクール ザ・バレコン仙台 ジュニアの部で優勝
その翌年 同コンクールのシニアの部優勝
14歳の時にYAGPユースアメリカグランプリに出場
The Australian Ballet Schoolのフルスカラーシップを受賞 1年間の奨学金を取得
翌年、福岡で行われた全国バレエコンクールのエキシビションにゲスト出演
中学校を卒業と同時にオーストラリアに留学
The Australian Ballet Schoolに入学
卒業までの4年間をオーストラリアで過ごし、オーストラリアバレエカンパニーの
ツアーにも参加する。
卒業後は19歳で単身ヨーロッパに渡りイタリアのバレエカンパニーに入団
2010年から2016年までイタリア各地・国外でプロダンサーとして活動
2015年には美祢芸術村のコンサートホールにてJazzとBalletの
コラボレーションコンサートに参加する。
メンバーは国内外で活躍するトップミュージシャン、吉田次郎氏(ギタリスト)、
クリヤマコト氏(ピアニスト)、折重由美子氏(クラビオーラ奏者)
ダンスパートナーにはイタリアバレエカンパニーのプリンシパルアーティストDorian Grori
2016年春に帰国してBalletto Benessereを立ち上げ
バレエ指導 ピラティスの講師として活動しながらダンサーとしての活動も継続中

島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

Copyright© ツワノシゴト模様 , 2017 All Rights Reserved.