ツワノシゴト模様 島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

第1編:「いつかは地元に貢献したい」イタリアから帰ってきたバレエ講師「田中美礼」さんインタビュー【バレエ×マイスター】

ローザンヌ国際バレエコンクール。

スイスのローザンヌで毎年行われる、15〜18歳のバレエダンサーを対象としたコンクールである。

2017年2月4日、そんな若手ダンサーの登竜門であるこのコンクールに、日本人男性が2人が3位と4位に入賞した。

このコンクールの入賞者は、奨学金をもらいながら、希望するバレエ学校に1年間留学することができるのだという。

日本ではそれほど馴染みのないバレエであるが、新たなスターの到来が予想される昨今、ますます普及していくのかもしれない。

 

今、そんなバレエを津和野で普及させようと、たった一人で活動しているバレエ講師がいる。

 

田中美礼(たなか・みれい)。

バレエ・ピラティス教室「BALLETTO BENESSERE」インストラクターだ。

中学卒業後に日本を離れ、オーストラリアへのバレエ留学、イタリアのカンパニーでプロのバレエダンサーとして活躍し、2016年5月に津和野に戻って来た。

今は幼稚園児や小学生を中心にバレエの普及に取り組みながら、エクササイズとして海外では広く知られているピラティス、さらには英会話講師など様々な方面でエネルギッシュに活躍している。

今回のインタビューでは全4編に渡り、自身を”バレエ馬鹿”と表するほどエネルギーを注いでいるバレエという切り口から、彼女の思いや今後の展望について伺ってみた。

 

DSC_0095

第1編

いつかは地元に貢献したい

 

田中さんは現在、津和野町の公民館や益田市にある芸術文化センター『グラントワ』で、それぞれ週に1、2回大人向けと子供向けでバレエ教室を開いているのだという。

 

「子供向けのバレエ教室で参加してくれるのは、1回に付き4、5人とまだまだ少ないですが、そのうちの2、3人は男の子なんですよ。バレエというと女の子のイメージが一般的ですが、そうやって男女問わず普及していることはとても嬉しいですね。また、バレエはお金持ちの子がやるイメージが強いですが、もっと庶民的なものになるように、できるだけ値段を抑えて、公民館など町民の方に馴染みのあるところでバレエ教室を開いています」

IMG_4170

こう切り出した田中さん。

彼女は日本に帰ってくる以前から、子供達へのバレエの普及活動には相当力を入れてきたのだという。

 

「イタリアでカンパニーに所属していた時も、年に一度は津和野に帰って来ていました。中学で山口に出て以来、津和野に帰ってくる機会はあまりなかったのですが、やっぱり地元である津和野が好きだったんですよね。プロのバレエダンサーとして活動できる期間は長くないし、いつかは津和野に戻って、バレエを通して地元に貢献するつもりでいました。そんな思いから、日本に滞在している合間を縫って、もっとバレエを身近に感じてもらおうと、益田市にある小学校や柿木村にある幼稚園、森鴎外記念館などで公演を行ってきました」

 

森鴎外記念館で公演する田中さん

森鴎外記念館で公演する田中さん

 

長く海外で生活していても、いつかは地元に戻ってくるつもりだったという田中さん。

子供達にバレエに親しんでもらうための活動をしているのは、自身のある思いからだと言う。

 

「私は幸せな事に、小学校4年生で始めたバレエを今までずっと続けられているのですが、バレエを通じて知り合った友人の多くは途中でバレエを辞め、大人になってもほとんど触れることもないみたいです。それを反面教師という訳ではないのですが、私が教える子供達には、プロになることは考えずに、まずはバレエに親しんでもらいたい。大人になってからも楽しんでバレエを踊ってもらいたいんです」

DSC_0075

 

バレエのクォリティは落とさず、入り口を広げる

 

バレエに限らずだが、プロとして活躍するためには、自分自身の覚悟と周りの支えが絶対的に必要である。しかし、そのためには自分の時間の大半をそこに費やさなければならず、厳しい環境に耐えなければならない。

そんな環境に身を置いてバレエから離れてしまうよりも、まずはバレエを楽しみ好きになってもらうために活動をしているという田中さん。彼女はそのために、自身で考えた工夫を凝らしたレッスンや取り組みを行っているのだと言う。

 

バレエのクォリティを落とすようなことは絶対にしません。ただバレエへの入り口を広げるために、英語も交えながら、ゲーム形式のものであったりリズムに合わせて身体を動かしていくメニューを取り入れています。また、バレエはとにかく型が重要なので、その型を崩して2時間くらいで踊れるようになるメニューも作りました。ただ単に練習をやっているだけだと子供達の集中力が持たないので、そうやってできるだけ楽しく踊れるメニューを取り入れているのですが、自分なりに工夫しなければならない分、そこに教えることの楽しさと難しさを感じますね」

DSC_0061

 

田中さんの教室に通う子供達はかなり小さい子が多く、楽しくかつ集中してレッスンに臨んでもらうように腐心しているのだという。バレエに対して意識の高い親が多い欧米では、できるだけ子供が幼いうちからバレエ教室に通わせる。型が重要だと言われるバレエは、ある年齢を過ぎてしまうと習得は難しいものなのだろうか。

 

「小学生のうちなら全然間に合います。私自身も始めたのは小学校4年生の時ですし、毎日のストレッチさえちゃんとやっていれば全く問題ないです。ただバレエの型を習ったことがない大人から始めると、その習得はとても難しいので、やはり小さい頃からやっているに越したことはないですね。バレエを楽しんでもらえるように、レッスンを工夫するだけでなく、できるだけ発表する機会をたくさん設けています。

津和野町余芸大会での発表の様子

津和野町余芸大会での発表の様子

神楽の文化がある津和野だからこそ、発表の場を設けやすいことにも非常に助かっています。実際に発表してみると、子供達はやりきることの満足感を覚えることができ、それを観ていた大人も子供達の頑張っている姿を見て喜んでくれるんですよ。今は、公民館や介護施設などから、子供達に発表してもらいたいという依頼も受けています。そうしてバレエが広く一般的なものになり、周りの大人も元気付けられて、町が活性化していくと嬉しいですね」

(文/前田健吾、写真/宮武優太郎)

第2編『「スクール・オブ・ロック」のような毎日』に続く。

 

全4編

第1編:いつかは地元に貢献したい

第2編:映画「スクール・オブ・ロック」のような毎日

第3編:若いうちだからこそ大きなチャレンジをしたかった

最終編:”Bacca Lupo”を大切に、流れに身を任せていく

 

BALLETTO BENESSERE

スクリーンショット 2017-02-28 10.14.21

同上バレエ・ピラティス教室のウェブサイトはコチラFacebookはコチラ

レッスン情報

キッズバレエ:

毎週月曜日の16〜17時@津和野町社会福祉協議会・津和野支所の軽運動場

毎週水曜日の18〜19時@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

毎週土曜日の9時30分〜10時30分@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

大人バレエ:

毎週水曜日の20時30分〜21時30分@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

ピラティス:

初心者コースー毎週水曜日の19時〜20時@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

初心者コースー毎週木曜日の19〜20時@津和野コミュニティーセンター1階和室

初心者コースー毎週土曜日の11時〜12時@島根県芸術文化センター「グラントワ」第2スタジオ

普通コースー毎週木曜日の20〜21時@津和野コミュニティーセンター1階和室

(※益田で行われる教室の日程は月ごとに異なることがあります)

バレットベネッセプロフ

田中美礼(たなか・みれい)

1990年 島根県津和野町生まれ
10歳でバレエをはじめ黒木隆江バレエスタジオ 黒木隆江に師事し
13歳の時に初出場した北九州バレエコンクールで入選
全国バレエコンクール ザ・バレコン仙台 ジュニアの部で優勝
その翌年 同コンクールのシニアの部優勝
14歳の時にYAGPユースアメリカグランプリに出場
The Australian Ballet Schoolのフルスカラーシップを受賞 1年間の奨学金を取得
翌年、福岡で行われた全国バレエコンクールのエキシビションにゲスト出演
中学校を卒業と同時にオーストラリアに留学
The Australian Ballet Schoolに入学
卒業までの4年間をオーストラリアで過ごし、オーストラリアバレエカンパニーの
ツアーにも参加する。
卒業後は19歳で単身ヨーロッパに渡りイタリアのバレエカンパニーに入団
2010年から2016年までイタリア各地・国外でプロダンサーとして活動
2015年には美祢芸術村のコンサートホールにてJazzとBalletの
コラボレーションコンサートに参加する。
メンバーは国内外で活躍するトップミュージシャン、吉田次郎氏(ギタリスト)、
クリヤマコト氏(ピアニスト)、折重由美子氏(クラビオーラ奏者)
ダンスパートナーにはイタリアバレエカンパニーのプリンシパルアーティストDorian Grori
2016年春に帰国してBalletto Benessereを立ち上げ
バレエ指導 ピラティスの講師として活動しながらダンサーとしての活動も継続中

 

島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

Copyright© ツワノシゴト模様 , 2017 All Rights Reserved.