ツワノシゴト模様 島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

中山間地域での有機農業を考える『100年ごはん』益田市グラントワで上映【3月26日開催】

3月26日、益田市にある島根県芸術文化センター「グラントワ」で、映画『100年ごはん』の上映会が行われます。
本映画は津和野町と同じく、城下町の広がる大分県臼杵市での有機農業をめぐる人々のドキュメンタリー映画。
これを鑑賞し、島根県石見地区を流れる高津川や益田川流域での「食」について考えます。
映画監督・大林千茱萸氏のトークショーをはじめ、高津川・益田川流域で採れた野菜を販売も行われる本イベント。
ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

映画『100年ごはん』益田上映会

20160326

過去を生きた、生きとし生けるものたち。
いまを生きる、生きとし生けるものたち。
未来を生きる、生きとし生けるものたち。
繋がり廻る命の道筋を紡ぐ人人の群像劇。
「100年単位の仕事」に携わる人人の物語。

高津川、益田川流域に根ざした食のありかたを考えたい
100年後を生きる流域の人々の暮らしを見据えた取り組みをはじめたい
100年後を生きる人、それはとりもなおさず今の子どもたち
島根県立石見美術館の展覧会「子どもとファッション」に合わせ、上映します
子どもを廻る「食」と「衣」、そして「環境」について一緒に考えてみませんか
ご家族で、お友達と、ぜひお出かけください

◼︎日程:2016年3月26日(土)
◼︎場所:島根県芸術文化センター「グラントワ」小ホール〈島根県益田市有明町5-15〉
【映画上映】『100年ごはん』
1回目:10:00〜11:05(開場 9:30)
2回目:14:30〜15:35(開場14:00)
※上映時間中は無料託児をご利用いただけます。
要申し込み:3月23日(水)までにグラントワ〈Tel:0856-31-1860〉にお申し込みください。

 

【トークショー】
◼︎大林監督の映画に込めた想いと、菊地実行委員長のこの上映会に込めた想い、流域の未来について語ります。
時間:11:20〜12:10
会場:「グラントワ」小ホール
料金:前売券――中学生以上 500円(保育所給食の試食”おにぎりと味噌汁”付き)
   当日券――中学生以上 500円(試食なし)
※小学生以下 無料

【マルシェ】
◼︎高津川・益田川流域で育った農作物やそれらを使った料理等を提供いたします。
◼︎食の体験コーナーや健康ブース、子どもの遊びスペースも用意しています。
時間:10:00〜16:00
会場:「グラントワ」大ホールホワイエ

【展示コーナー】
◼︎『100年ごはん』100人ごはん笑顔写真コンテスト応募作品の展示
◼︎市内認可保育所と保育所型認定こども園、学校給食の自慢の給食写真の展示
◼︎保小中連携献立や「ごはんと味噌汁を作って食べる子を育てよう」等の取り組みについて展示
〈解説〉
はじめの一歩は百歩分!有機農業をめぐる大分県臼杵市の人人の記録映画。やがてその取り組みは農業だけでなく、
林業、教育、給食センターや飲食業、NPOへと繋がり、人人の暮らしの中へと広がってゆく。
「いまのワタシ」(近衛はな)が「100年後のアナタ」(大谷賢治郎)に語りかけるというドラマを編みこむことで、
「過去」「いま」「未来」は地つづきであると、立体的に浮かび上がる。料理家でもある大林千茱萸監督は、
この作品のために4年間臼杵市に足を運び、撮影素材は120時間。
美味しい臼杵のお野菜とともに描かれる”自然との共生=リビング・ハーモニー”を奏でる人人の群像劇。

〈物語〉
「新しいけど、昔から大切なこと。健全な魂は、健康な食べ物から。健康な食べ物は、健全な土から」。
無化学合成農薬・無科学肥料の野菜作りを推進する大分県臼杵市は、
2010年に、草木8割、豚糞2割を主原料とした堆肥を製造する「臼杵市土づくりセンター」を開設。
慣行農業から有機農業に転換する生業者や、あたらしく農業をはじめる市民が現れる。
そしてマーケットの現状は?消費者は?――?

将来的には子どもたちの給食を臼杵の野菜でまかないたい。全国でもはじめての試みに試行錯誤しながらも、
臼杵市と市民たちが前へ向かってゆく姿をとおし、現代の「食」にとって何がほんとうに大切かを考える、
”ワタシ”から”アナタ”へ宛てたメッセージ。

〈監督:大林千茱萸〉(おおばやし・ちぐみ)
東京生まれ。「天皇の料理番」元宮内庁東宮御所大膳課主房・渡辺誠氏を師事し、料理家としても活躍。
西洋食作法講師・ホットサンド倶楽部主催と様々な肩書きを持つ。11歳で『ハウス/HOUSE』(77)原案。
14歳より映画感想家として、文筆業開始。大林宣彦監督作品では、メイキングや音楽コーディネートなどを担当。
AKB48の『So long!』(13)Vでは数エピソードの脚本・演出を行う。
うえだ城下町映画祭自主制作映画コンテストでは審査員を務める。本作が単独映画初デビューとなる。
著書に「ホットサンドレシピ100」、責任編集本には『リュック・ベッソン』

主催:『100年ごはん』益田上映会実行委員会
問い合わせ:『100年ごはん』実行委員会事務局(吉田保育所)0856-22-1730

島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

Copyright© ツワノシゴト模様 , 2016 All Rights Reserved.