ツワノシゴト模様 島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

津和野町、シャープと連携し高齢者見守り対策「地域活動支援室」を開設

津和野町は16日、高齢者の見守り対策などを推進する「津和野町地域活動支援室」を開設した。場所は津和野町役場に隣接した建物で、開所式には町の職員など15人が集まり看板の除幕を行った。

同支援室では、総務省が推進する「地域おこし企業人交流プログラム」――3大都市圏に勤務する大企業社員が一定期間地方自治体の業務に携わる、を県内で初めて活用。電機メーカー・シャープの社員が2名派遣され、ITを活かした高齢者見守りシステムや買い物難民への支援を展開していく。
見守りシステムは、高齢者の自宅のテレビに電源が入ったことを把握して安否を確認するもので、導入に向けて準備が進められている。

chiikishienshitsu_2下森町長とシャープビジネスソリューションカンパニー担当者

開所式で下森博之町長は「企業の技術に期待する。力を合わせ、まちづくりに取り組んでいきたい」と熱を込めた。同社ビジネスソリューションカンパニー担当者も「地域支援サービスを通して、津和野町に貢献したい」と応じた。津和野町では、ノウハウや知見を持つ企業と、地方自治体とが協力してまちづくりを進めていく。

chiikishienshitsu_4地域活動支援室の様子

 

What do you think of this post?
  • Sucks (0)
  • Boring (0)
  • Useful (0)
  • Interesting (0)
  • Awesome (0)

島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

Copyright© ツワノシゴト模様 , 2015 All Rights Reserved.