ツワノシゴト模様 島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

夜神楽というエンターテインメント

夜神楽というエンターテインメント

DSC_1147

辺りもすっかりと暗くなった土曜の夜8時。響き始める太鼓や横笛の音。
今年も津和野町の夜神楽の季節になりました。

「神楽」とは神様に奉納する舞のことで、その演目は神話や伝説をもとにして作られています。
津和野町に伝わるものは「石見神楽」と呼ばれるもので、4つの神楽社中が伝統を受け継いでいます。
(木ノ口神楽社中・石見神楽左鐙社中・長福千原座神楽社中・石見神楽日原保存会)

津和野町では、その神楽をたくさんの方に見ていただこうと、
毎年7月から9月の土日祝日に夜神楽を開催しています。

今年の夜神楽のトップで登場したのは「木ノ口神楽社中」(このくちかぐらしゃちゅう)。
この日は「鬼返し」(きがえし)と「大蛇」の2演目、約30人のお客さんが神楽を堪能しました。

鬼返し(きがえし)

「道返し(ちがえし)」と表記する神楽社中が多いですが、
木ノ口神楽社中では「鬼返し(きがえし)」と表記します。

神楽に登場する悪者(鬼や鵺)は、ほとんどの場合退治されますが、鬼返しでは退治されず、改心するというお話です。
そのため最後の場面で鬼は人間の姿に戻ります。


DSC_1035 DSC_1059 DSC_1069DSC_1083

 

大蛇

ヤマタノオロチ伝説をもとにして作られた有名な神楽。
生で見る大蛇はすごい迫力で、子ども達も大興奮です!
DSC_1102 DSC_1143 DSC_1146 DSC_1150 DSC_1152

 

「町内の方はもちろん、社中のファンの方や観光客の方に多くご覧いただいてます。
特に町外から来られた方は、神楽がとても新鮮だと喜ばれています。
これから観光客の方が増える季節なので、皆さんに満足していただけるよう続けていきたいと思います。」

こう話すのは、津和野町観光協会で夜神楽を担当している松島直樹さん(27)。

DSC_1024

【松島さん】
「津和野町にある4つの社中さんはどこもとても勇壮な舞を披露されます。
この機会に是非津和野町の神楽をご覧いただければと思います。」

まとめ

これからの季節、夜神楽をはじめ夏祭りや神社の大祭等、さまざまなところで神楽が披露・奉納されます。
夏フェスもいいけど今年は津和野町で神楽というロックを味わうのはいかがでしょう。

夜神楽の情報は下記の津和野町観光協会のHPで確認できます。
http://tsuwano-kanko.net/info/yorukagura/

木ノ口神楽社中(Facebook)
https://www.facebook.com/pages/%E6%9C%A8%E3%83%8E%E5%8F%A3%E7%A5%9E%E6%A5%BD%E7%A4%BE%E4%B8%AD/692607457502633

What do you think of this post?
  • Sucks (0)
  • Boring (0)
  • Useful (0)
  • Interesting (0)
  • Awesome (0)

島根県津和野町発信、生き方を探すローカルメディア

Copyright© ツワノシゴト模様 , 2015 All Rights Reserved.